[stmx] - ソーシャルマーケットプレイス



2013年06月25日

どうなる?ローラ・・・ 父親が詐欺容疑で国際手配!

ローラさん父を国際手配=詐欺容疑、海外療養費不正受給で指南―警視庁

どうなるのでしょう???
ローラの父親が詐欺容疑で国際手配された・・・・・。
次項有5日間お試しダイエット

ローラもがんばって芸能界にいたのに・・・・・。
本人は何も悪くはないが、父親が手配されこのまま芸能生活を続けていけるのでしょうか??

アホな親を持つと大変なことになりますね。
親が、娘(子供)に迷惑かけるなんて最低ですよパンチ

ローラには今まで以上にガンバてもらいたいですねexclamation×2



【PR】
あなたの愛車は今いくら?ガリバーの【無料査定はこちら】
ひらめき
答える度に楽天スーパーポイントが貯まる!登録だけでも【モレナク】50pt進呈。
次項有
簡単商品比較、資料が一括してすぐに届く、楽天の保険はこちら
ひらめき世界にたった一つ、あなただけのドメインを登録しよう!
ランキング参加中!ご協力を・・・
にほんブログ村 <br><br><br><br><br><br>ニュースブログへ にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ


【記事はこちら】
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130625-00000060-jij-soci

海外で支払った医療費が還付される国民健康保険の海外療養費制度を悪用して不正受給する方法を指南したとして、警視庁組織犯罪対策1課は25日までに、詐欺容疑でタレントのローラさんの父でバングラデシュ国籍のジュリップ・エイエスエイ・アル容疑者(53)の逮捕状を取り、国際刑事警察機構(ICPO)を通じて現地警察に手配した。
 手配容疑は、バングラデシュ人の調理師モハマド・アミン・ショリフ容疑者(45)=詐欺容疑で再逮捕、東京都世田谷区=と共謀し、2009年12月、世田谷区役所にショリフ容疑者がバングラデシュで入院したなどとする虚偽の診断書などを提出し、海外療養費など約87万5000円を不正に受給した疑い。
 同課によると、ジュリップ容疑者は不正受給の方法を教え、このうち約40万円を受け取っていた。ショリフ容疑者は他のバングラデシュ人と、同様の手口で1000万円以上を詐取した疑いがあり、「(ジュリップ容疑者から)絶対ばれないもうけ話がある。利益を折半しようと誘われた」と供述。ジュリップ容疑者はグループの指南役とみられる。 
ラベル:ローラ
posted by mario at 18:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月11日

無免許運転罰則強化などの改正道路交通法が成立!

免許運転の罰則を引き上げ…改正道交法成立

道路交通穂の改正が、7日衆議院本会議で可決、成立しました。
京都で起きた、無免許運転の少年の運転する車が登校児童の列に突っ込み10人死傷する悲惨な事故の遺族の願いが届いたのでしょう。

道路交通法改正により、3年以下の懲役または50万円以下の罰金となる。

病気の虚偽申告での、運転免許取得・更新は1年以下の懲役または30万円以下の罰金という罰則が新しく設定された。

栃木県のクレーン車事故など持病がありながら運転してこうつ事故なったケースが多く発生していますよね。

この、道路交通法の改正により少しでも交通事故が減少してくれればいいですね。
【PR】あなたの愛車は今いくら?ガリバーの【無料査定はこちら】
ひらめき
答える度に楽天スーパーポイントが貯まる!登録だけでも【モレナク】50pt進呈。
次項有
簡単商品比較、資料が一括してすぐに届く、楽天の保険はこちら
ひらめき世界にたった一つ、あなただけのドメインを登録しよう!
ランキング参加中!ご協力を・・・
にほんブログ村 <br><br><br><br><br><br>ニュースブログへ にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ



【記事はこちら】
読売新聞 6月7日配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130607-00001072-yom-soci

無免許運転の罰則引き上げなどを柱とした改正道路交通法が、7日の衆院本会議で可決、成立した。

 政令などを整備し、半年から2年以内に順次、施行される。

 無免許運転の罰則は現在、「1年以下の懲役または30万円以下の罰金」だが、改正によって「3年以下の懲役または50万円以下の罰金」となる。京都府亀岡市で2012年4月、無免許の少年が運転する軽自動車が登校中の児童らの列に突っ込み、10人が死傷した事故を機に、遺族らが厳罰化を求めていた。

 また、病気による意識障害などの症状を隠して免許を取得・更新する行為に、「1年以下または30万円以下」の罰則を新設した。栃木県鹿沼市で11年4月、クレーン車を運転中の男が持病の発作で意識を失い、児童6人がはねられ死亡した事故では、男が症状を隠して免許を取っていたことが問題視された。
posted by mario at 15:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。